建物・構造 | 家づくり用語集 | 住まいの情報館 | 愛知県・名古屋市の住宅のご相談は、住まいと暮らしの相談サロン「住みかえ.net(すみかえネット)」へ。

toushi
  1. [住みかえ.net] HOME>
  2. 住まいの情報館>
  3. >
  4. カテゴリから探す

家づくり用語集 家づくりに関する用語を幅広く説明します。

建物・構造

主要構造部 建築基準法上は、構造上重要な部材で、壁・柱・床・梁・屋根・階段を指す。間仕切壁や最下階の床などは含まれません。
RC構造 鉄筋コンクリート造。鉄筋は引張に、コンクリートは圧縮に抵抗するよう組み合わせ、両者の付着によって強度の高い構造体をつくります。
SRC構造 鉄骨鉄筋コンクリート造。鉄骨の骨組のまわりに鉄筋を配してコンクリートで一体化した構造。一般には鉄筋コンクリートより粘りがあるため、高層建築に多く用いらます。
S構造 主体構造を鉄骨で建築する構造。 スチール構造の略称です。
鉄筋コンクリート構造 鉄筋は引張に、コンクリートは圧縮に抵抗するよう組み合わせ、両者の付着によって強度の高い構造体をつくる。中層の建物に使われます。
鉄骨構造 主要構造部に、普通の形鋼材を用いて組み立てた構造。鋼構造または、略してS造といいます。
免震構造 地震や交通振動の揺れを建物に直接伝わらないようにつくられた構造。特殊な積層ゴムなどで建物を支えたり、基礎と上部構造の間を滑りやすい構造などにして地震の揺れを軽減する仕組みとなっています。
ラーメン構造 ラーメンとはドイツ語で「枠」の意味。RC構造、鉄骨構造等で柱と梁の一体化した構造のこと。
混構造 異なる建築方法の構造体をひとつの住まいの中に組合させること。1階を鉄筋造り、2階以上を木造として耐久性と居住性を調和させるなど、様々な組み合わせが考えられます。
乾式工法 内外壁の仕上げや下地にモルタルや土壁など、水を含んだ材料を使用せず、工場で生産された外壁材や、合板などを現場で取付ける工法。乾燥待ちの必要がないので気候に左右されず工期を短縮できます。また、乾燥による伸縮の影響を受けることがありません。
ツーバイフォー工法 主に2インチ×4インチの断面寸法の規格木材を用いた枠組みに構造用合板を釘打ちしてつくられた壁・床・屋根などの面材により建物全体を箱のようにして支える工法。
壁内通気工法 建物の耐久性の低下につながる内部結露や木部の腐朽などを防ぐために、壁内部に通気層を設け、外壁下部より外気を取り入れ、壁内部の湿気や熱気を小屋裏などを通して外部へ排出する工夫がほどこされた工法。
木造軸組工法 在来軸組工法ともよばれ、土台や柱、梁などを用いて組み立てられる構造形式。大きな開口部をとれるので周囲の自然に親しむことができ、デザインの自由度も高い。この工法は、日本に古くから伝えられたもので、長い歴史の中で改良、変遷してきています。
構造計算 建物が外力(自重や地震、風や建物内部に乗せる重さ)に耐えうるか計算で求めて安全な基準値を満たしている事を示した計算のことをさします。
設計審査 公庫の基準と適合しているかどうかを図面で審査すること(設計審査)。同様に現場で適合性を審査することを現場審査といいます。
躯体工事 建築物の骨組みの工事。仕上げ工事・設備工事などの対語。
熱伝導率 物質の熱伝導特性を表す比例定数。率が大きいほど熱を伝えやすい。物体内部の等温面の単位面積を通って単位時間に垂直に流れる熱量と、この方向の温度勾配の比で定義され、温度により変化する。
単位は通常(W/m・℃)
フルベース配筋 基礎の立上りだけでなく、底板一面の鉄筋コンクリートが網目模様のように張り巡らされた配筋です。
ベタ基礎 建物を支える下部構造のことで、直接基礎の一つ。建物の面積全体を、コンクリートで一体となった一つの基礎板にする基礎。
地盤の荷重負担が減るとともに、防湿フィルムで湿気を遮断、強度の高い鉄筋コンクリートで床面全体を覆います。
地面から上がってくる湿気と、シロアリの侵入を防げますので、基礎全体の剛性も高まります。
異形鉄筋 鉄筋とコンクリートの付着を良くする為、表面に節状の突起がある鉄筋のこと。規格の違い(降伏点等の違い)により、SD295A、SD345などに分けられ、呼び名(公称直径の違い)により、D10、D13、D16、他いろいろあります。
打放しコンクリート 型枠を取り外した面が、そのまま仕上げとなるコンクリート。
横架材 建物の骨組で、横に架け渡された構造材。梁、桁、棟木、母屋、胴胴差をいいます。
大壁 壁面が構造材(柱や梁など)の外側で納まるため、構造材が壁内部に隠れて表面に現れない工法。一般に壁厚が大きくとれるため、壁内部に筋かい(すじかい)・補強金物・設備配管・断熱材・遮音材などを挿入しやすい。反面、壁内部に浸入した湿気などを外部に放出する工夫が必要となります。
大引き 床の構造の一部で根太を支えてその目方を地面に伝える役目をします。通常91cm程の間隔で入れ、床組みを支えます。
瓦棒 長尺の金属板を屋根の勾配方向に沿って葺く屋根葺工法の一つ。
屋根の勾配方向にできる金属板の接合部分を立ち上げてキャップを取り付けて雨仕舞いを良くした工法。
仕口 2つの木材を結合する結合部分をいいます。
たたき 1.たたき土と石灰とにがりを混ぜて練ったものを土間に塗り、たたき固めた床仕上げ。たたき土とは花崗岩や安山岩などが風化した土で、深草土や三州土などが有名である。 2.土やコンクリートなどで仕上げた土間。
荷重 建物に加わる力。長期荷重、短期荷重に分けられます。
集成材 繊維方向を揃えた単板(ラミナ)を、合成樹脂接着剤で接着して作る木質材料のことです。天然材に比べ、断面が大きく、長い材が得られ、湾曲した材料でも製造できるという利点があります。
基礎パッキン 猫土台の一種で基礎立ち上がり部と土台の間に挟む部材。床下換気口より換気効率が良く、コンクリート立ち上がり部にも断面欠損がいらないのが特徴です。
真壁 柱の見える壁、壁の仕上げが柱面より後退して取り付けられており、和室などに用いられます。真壁の軸組は壁体が薄いので筋交いは入れにくいです。
筋かい 地震力や風圧力などの水平荷重による軸組の変形を防ぐために対角線方向に入れる部材で、建物全体を強固にするために必ず入れます。釣り合いをよく配置し、ねじれを生じないようにします。
通気層 建物の耐久性の低下につながる内部結露などを防ぐために、壁内部の湿気や熱気を外部へ排出するために壁内部に設けられた空気層。
通し柱 1階、2階を貫通して立てられた柱のこと。
アンカーボルト 土台をコンクリートの基礎に緊結する場合に用いられるボルト。基礎に埋め込まれる部分の先端はL型に曲げられており、引き抜きにくい形状になっています。
FRP樹脂 ガラス繊維に不飽和ポリエステル樹脂を含浸させたもの。特に構造的強度が高く、常温常圧で一体成型することができます。
杭基礎 構造物の荷重を杭で支持層に伝える基礎のこと。
躯体 建物の構造強度をうけもつ構造体。スケルトンともいいます。
構造材 屋根や床の重さ、あるいは荷重など構造にかかる力を負担する部材。柱、梁など示します。
張り物 むくものに対して用いられます。外側にさまざまな薄い板を張り、高級材のように見せかけたもの。
火打梁 梁や胴差しの隅のところに斜めに入れて、地震等による建物の変形を防ぐ部材です。
ホールダウン金物 地震の時に土台から柱が抜けるのを防ぐために設ける金物のこと。建物の隅角部に設置することにより性能が高まります。

カテゴリから探す

  • 土地
  • プラン・設計
  • 設備・仕様
  • 工法・構造
  • 素材
  • 安全・快適
  • アフターサービス
  • 法規・制度
  • 資金・税金
  • その他

50音から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

家づくり用語集トップへ戻る

ページの先頭へ